バーグマン125のバッテリー交換をした。やり方簡単だけど初見は注意いるかも!

バーグマン125バッテリー

愛車のバーグマン125。

15,000kmほど走ってるのですが、段々ととセルでエンジンがかからなくなってきました。

キックならかかるのですが、寒い日はもう全く。

しまいにはセル自体回らず、回そうとすると「ぶぶぶぶ」と音がなるように。モニター?もその時はちかちか。

典型的な電力不足の症状です。

ということでバーグマン125のバッテリーを、新しいものに交換しをしたのです。

その時の交換手順の話をします。

カスタム?の話はこちら

互換部品でブレーキパッド交換の話

バーグマン125のエンジンがセルでかからなくなったのでバッテリー交換

バーグマン125のバッテリー交換手順

1.フロントパネルのボルトを外す。ボルトを間違えないよう注意

バーグマン125フロントパネル

バーグマン125フロントパネル

まずはバーグマン125のフロントパネルを外しました。

その際、画像で外してるとこ2箇所が外すとこです。

下の大きい6角ボルトは、カスタム用の関係ない場所なので注意。

僕は30分、関係ないボルトを外そうとして苦戦しました。泣

3mmの6角レンチで外せました。

6角レンチ

6角レンチ

2. フロントパネルを下に引っ張ってガコッ!と外す。

バーグマンのヒロントパネルを外す

バーグマンのヒロントパネルを外す

ボルトを外したらパネルを外す。

結構強く下に引っ張らなきゃ外れませんでした。

勢いよく外しすぎてパネルをふっとばさないよう注意。

僕は地面にぶつけちゃいました。

3.バッテリーとご対面

バーグマン125のバッテリー

バーグマン125のバッテリー

バーグマン125のバッテリーとご対面。

なぜかバッテリーを抑えるバッテリーバンドがありませんでした…汗 soxさん!外れてるかでないよ!メンテの時?

1年間普通に走れてたので、それでも問題はなかったようです。

左上の赤いとこと右上の配線で、接続兼ねじ止めされてるだけ。シンプルですね!

右、よく知らぬインド製のバッテリー。噂によると結構当たり外れの多いバッテリーのようです。

バーグマン125バッテリー

右が元からのバーグマン125インドバッテリー。左が台湾yuasaの新しいバッテリー

酷使してるとはいえ、15,000kmでダメになったから確かにへたるの早いですね。

信頼と安心の台湾yuasaのバッテリーに交換です。amazonで2,500円ほど。安い!

型番はYTX4L-BS。下のです。もう少し大きいYTX5L-BSでもいけるらしいです。

4.バッテリーを新しいものに交換

バーグマンstreetバッテリー交換

バーグマンstreetバッテリー交換

プラスドライバーでネジを外して取り外し。

新しいバッテリーをインして、ねじ止めしてバッテリーバンドで固定しました。

バッテリー交換完了です。正直めちゃくちゃ簡単でした笑

念のためエンジンがかかるか、試してみましょう。僕はセル1発で力強くかかってくれました。成功ですね!

ちなみにドライバーはバーグマン125に付属工具を使えばオッケーです。外せます。

バーグマン125付属ドライバー

バーグマン125付属ドライバー。メットインにはいってるはずだよ。

5.最後にフロントパネル取り付け。完了!

バーグマンフロントパネルとりつけ

バーグマンフロントパネルとりつけ

最後に元と同じようにフロントパネルを取り付けて完了です。

簡単でしたね!

ものすごく簡単だったのでバイク屋さん持ってくより、自分でやったほうがずっと早いし安上がりでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA