[実践済み!]歩き旅に必要なオススメ装備道具まとめ(泊まり野宿どちらも!)

歩き旅のイメージ

筆者は旧東海道を横浜から静岡まで歩いて1週間の野宿歩き旅をした。

僕は以前バックパックを担いで横浜から静岡まで野宿での歩き旅をしました!

江戸時代の旅人に習って旧東海道をてくてくと歩く旅をしたんですね。

朝から晩まで歩き現地の温泉に入って公園や海岸沿いの大丈夫そうなとこにテントを張ってそこに泊まる。

そして翌朝また次の目的地に向かって歩き出すなんて旅をしました。

その土地その土地の空気感をリアルに感じれてとても充実した旅でした!

この記事ではその経験を元に歩き旅や野宿歩き旅に必要な装備をまとめました。

ぜひご参考ください。

歩き旅に最低でも欲しい装備

まずはこちら歩き旅に最低限欲しい装備です。

とりあえずこれだけあれば足りるでしょう。

宿に泊まらず野宿の場合は追加の装備が必要になるので次の大見出しで解説してます。

バックパック

これは必須装備ですね!

旅をするならとにかくバックパックが無いと始まりません!

日帰りならいりませんけどね!何日も行くなら必須です!

宿に泊まるならそれほど大きいものは要りません。40Lもあれば十分でしょう。

これで余裕もあるかと思います。

逆に野宿なら40Lでは全然足りません!最低でも55Lは欲しいですね。

僕は55でも結構荷物ギリギリパンパンでした。お土産を買う余裕はないです。

余裕を見るなら60Lは欲しいとこですね。

僕は下のモンベルトレッキングパックの55Lで行きました。

腰でしっかりホールドするので非常に持ちやすかったです!

たくさん入りますしロールタイプと違って荷物も出し入れしやすいですしね。

両サイドにペットボトルを入れるポケットが有るのも非常に重宝しました。

モンベルのバックはオススメです。

ローカットのトレッキングシューズ

歩き旅をするならローカットのトレッキングシューズが欲しいとこです。

旅ではアスファルトで補整された道ばかりとは限りませんからね。

中には山道のような野の道もあるはずです。

そんな時、山用のトレッキングシューズなら滑りずらく軽く安心でしょう。

ハイカットでなくローカットなのは歩き疲れた時に脱いで休みやすいようにです。

ハイカットだと休憩中にトイレ行きたい時とかも一々履いたり脱いだりがめんどかったです。

ローカットがオススメですね!

安いのでも良いですが良い靴があるとやはり楽です!

水はとにかく大事です!

1番大事だと言っても間違い無いですね。

飲み水としてはもちろん、怪我をした時に洗うようにも使います。

とにかく絶対に切らさないように多めに持って行きましょう。

普通に飲むのとは別で1Lくらい持っておけば山の縦走とかじゃなければだいたい足りるかと思います。

僕が歩き旅した時は丸1日お店や自販機が無いってことはありませんでしたからね。

とはいえ物凄い田舎だとちょっと違うかもしれません…。田舎こそ自販機たくさんありそうですが。

最低でも1Lは余分に持って行きましょう。

カロリーメイトなど非常食

体力切れに備えて非常食は必ず持っておきましょう!

カロリー切れになるとマジで動けません。一歩一歩が本当にしんどくなります。

何も無い山の中でカロリー切れになったら絶望で世の全てを恨みたくなります。なりました。

飴では足りません。

カロリーメイトなどしっかりカロリーのあるものを必ず持っておきましょう。

旅中は結構朝ごはんやおやつで食べちゃったりもします。

着替え(3日分)

着替えは3日分もあれば十分です。

宿やコインランドリーで洗濯しながらローテーションして行きましょう。

1週間分も着替えを持った日には重くてかさばって仕方ありません。

衣類は歩き旅中も洗濯して使いましょう。

ビジネスホテルなら洗い場もあるはずですから。

意外とコインランドリーも多いです。

野宿旅だと洗濯中が結構しっかりした休憩になり、段々コインランドリーがオアシスに見えてきます。

小さめのタオル

小さめのタオルも用意しておきましょう。

汗を拭ったり洗った顔を拭いたり。

また銭湯や温泉で貸し出しが無く使うこともあります。

自前のタオルがあれば使えますからね。1~2枚は持って行きましょう。

ポリ袋

ポリ袋は洗濯物を入れたりゴミを入れたり何かと活躍します。

あれば絶対役立つので持って行きましょう。

ポケットティッシュ

ポケットティッシュも持って行きましょう。

トイレに紙が無い時もありますからね…。水に流せるやつが良いでしょう。

スマホ

当然というかスマホは必須です。

地図にもなりますし何かあった時にヘルプ出来ますからね。

普段は電源を切ってても良いので絶対持って行きましょう。

モバイルバッテリー

当然というかモバイルバッテリーは必須です。

スマホを地図にしてて電源切れたら悲惨ですからね。

必ず持って行きましょう。

下のもののようにソーラー充電式だといざ充電切れても何とかなるのでなお安心ですね。

僕は田舎でお店のやってない真夜中にスマホもモバイルバッテリーも充電が切れて泣きたくなりました…。

折り畳み傘

折り畳み傘は持って行きましょう。

雨の中歩くわけではありませんがいざ降った時。

避難するまでびしょ濡れにならないよう1本小さいのがあると安心です。

避難したらその日はもう休んじゃいましょう。

野宿で歩き旅をするなら追加で欲しい装備

1人用テント

野宿旅をするならテントは必須アイテムです!

シュラフだけでも眠れるかもしれませんがテントの囲いが無いと周りが気になって中々眠りにつけません!

虫にも刺されます。雨だと屋根のある場所じゃ無いとテント無しじゃ濡れますしね。

何よりテントの中のプライベートな空間はリラックス出来て体も心も段違いに休まります!

テント無しで寝た翌朝は全然疲れも取れず気も晴れずで散々でした…笑 蚊に刺されて痒いし笑

ちゃんと野宿旅をしようと思うならテントは必須です!

荷物を担いで歩く以上小さな1人用でコンパクトに畳めるものが好ましいでしょう。

2人用のテントだと快適ではありますがやや大きく重く邪魔です。

少しでも荷物を軽く小さくしたい野宿歩き旅では1人用が良いでしょう。

僕はモンベルのクロノスドーム1型を使って歩き旅をしました。

しっかり1人分の空間を確保しつつコンパクトに畳めて1人歩き旅には凄くオススメですよ!

雨が降っても大丈夫でしたし組み立ても簡単ですしね!

クロノスドーム1型レビュー記事

[レビュー]モンベルのクロノスドーム1型テントで旅をした話。使い心地は?

寝袋(シュラフ)

野宿するならシュラフは必須アイテムです!

夏ならいらないかもですが春秋冬は必須ですね。

背負って運ぶ以上なるべく小さく畳めてかつしっかり眠れるものが好ましいでしょう。

僕はモンベルのホロウバッグ#3を使ったんですが凄く気性能が良くて持ちよく眠れたんですが収納時がやや大きく邪魔でした。

モンベルのバロウバッグあたりが凄くコンパクトに畳めて性能も良いのでオススメですね!

ホロウバッグより4倍は小さくなるので…笑

春秋なら#5。冬なら3か2あたりが丁度良いでしょう。

もちろんより高性能でコンパクトなダウンはガーとかでも良いと思います。高いですけどね。

ホロウバッグレビュー記事

[レビュー]モンベル寝袋ホロウバッグ#3で旅したら快適で大きかった。キャンプ向き?

マット(エア式)

野宿旅にはマットも必須アイテムです!

無いと地面が硬くて疲れ取れないし何より身体が地面で凄く冷えますしね。

休んでるのにどんどんと体力持ってかれます。

マットは絶対に持って行きましょう。

背負って歩く以上コンパクトに畳めるエアコンフォームマットが好ましいでしょう。

僕はモンベルのアルパインパッド25を持っていって使いましたがとても快適でした。

程よい弾力と保温性で気持ち良く眠れました!オススメです!

アルパインパッド25レビュー記事

[レビュー]モンベルのアルパインパッド25(180cm)は旅やソロキャンプに最適なマットだった

小さめのランプ

これは最悪なくても良いのですが有ったほうが絶対快適です!

テントの中の天井にぶら下げて照らすととても雰囲気あって良いですね!オレンジ色だとなおエモさが出て良いです!

俺の城感がすごい出ます。

バックパックの中に入る荷物になりづらいなるべく小さなものが良いでしょう。

僕のランプはバックパックの外にぶら下げてたら気づいたら無くなってました泣

どっかに落ちたのでしょう…。

皆さんはちゃんとバックパックの中に入れましょうね笑

シャンプー(小さめの)

野宿旅では銭湯や温泉に入るのも醍醐味なのですが置いて有るシャンプーってのはそれはもう酷いものが多いです!

安いものを置いてるのかそれはもう髪が痛みます。バサバサになります。

キューティクル?なにそれ美味しいの?て感じです。

旅が終わった時、僕の髪はバッサバッサになってました。柴犬の毛のようでした泣

髪を大事に思う人は小さいので良いので自分のシャンプーを持って行きましょう。

 

歯磨きセット

歯磨きセットも忘れず持って行きましょう。

宿に泊まらないならアメニティはありませんからね。

トラベル歯磨きセットなど有るのでそれを使うと良いでしょう。

寝巻き

意外とおろそかにしがちですが寝巻きがあったほうが断然疲れが取れます!

テントの中でのリラックス度が段違いです。

ジャージとかで良いです。

着替えないで寝ると翌日の体調に響くので絶対持って行きましょう。

旅は長いですからね。

風邪薬

慣れない環境で旅をしてると風邪を引くときもあります。

朝起きたらあれ?なんか身体がだるい?頭も痛いぞ…?なんてこともなくは無いです。

そんな時にその場でしっかり休めるよう風邪薬は常備しときましょう。

テントから出てわざわざどこに有るかわからない薬局まで買いに行ってまたテントを設置して休むなんてのはホントしんどいですからね。

そのままテントで多少落ち着くまで休めるように常備しときましょう。

傷パッド

旅の途中もしかしたら怪我をするかもしれません。

そんな時用に傷パッドくらいは持って行きましょう。

僕は幸運にも使いませんでしたがあれば安心ですからね。

大した荷物にもなりませんし持っておきましょう。

持って行ったけど要らなかった装備

実は持って行ったけど全く使わないばかりかむしろ邪魔だったものもあります…。

いらなかった例として載せて起きますね。

ヘアワックス

出発時は毎日しっかりワックス使って身だしなみ整えてと思ってましたが全く使いませんでした。

正直身体しんどいし誰に見せるわけでもないしいっかなーて気分になったんです。

水で整えればそれで良いじゃんと。

あまりつける余力もなかったと言いますか。

正直いらなかったです。

香水

こちらも出発当初はしっかりつけてお洒落する気満々だったんですがほとんど使わなかったです。

いらなかったですね。

むしろバックパックを少しでも圧迫して邪魔でした。

ポケットwifi

ぶっちゃけ全く使いませんでした。

終始電源消しっぱでしたね。

充電する機会もあまり無いしスマホの通信だけで十分足りたのでただの荷物以外の何者でもありませんでした。

歩き旅ではどうせ通信量使うような動画見たりゲームしたりなんて気は起きないので(体力的に)持っていかないで良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA